うつ病による障害年金の審査の通し方

うつ病による障害年金取得の為の審査は厳しいです。
私は通院しているけど、担当医に言われました。
うつ病で障害年金を取得する事は難しい、とね。
だから、これが良いのか悪いのか分からないけれど、医師の計らいにより統合失調症という事で私は審査を通しました。
統合失調症の方が審査は通り易いという話でしたし、生活に支障が出ている事と仕事が出来ない状態にある事を考えれば致し方無しと思案した結果です。
と言っても、届出にうつ病と記載しなかった事には心が痛むよ。
もし、病状が嘘だとバレたらどうなるかという話です。
ニュースでも取り上げられた事がありますよね。
嘘の申告により、返金が求められた有名人が居るというニュースです。
最も、それはお金を私的に使っていたからであり、私の場合は生活に支障が出ているレベルだから、まだマシかなと思える。
そうでなければ、今頃は嘘がバレて障害年金受け取りを取り消されるという状況になっているかもしれない。
バレたらバレたで仕方がないのだけど、とにかくうつ病で審査を通す人は少ないと思うよ。
躁うつ病であれば審査は通る可能性は高いけれど、ただのうつ病だと障害年金の審査の通りが悪いのが現状です。
後は生活の支障がどの程度出ているかによるのだろうけど、うつ病で審査が通り難いのはうつ病という病気の印象、つまり生活に支障が出ないと思われているという事。
それにうつ病でも仕事をしている人が多いと言う事で、イメージ的に症状が軽いと思われているのかな。障害年金は診断書がポイントみたい