育毛と植毛の違いについて

抜け毛予防を取り入れる事を育毛と呼びますが、髪の毛を移植することを植毛と呼びます。
植毛には、人工植毛と、自毛植毛とがありますが、人口の場合には、髪の毛を植え付けるのみとなりますから、自分の髪の毛とは違い、髪の毛が伸びてくることはありません。自毛植毛の場合には、毛根を移植することになりますから、自分の髪の毛と同じように、伸びてきますし、白髪にもなります。

植毛を取り入れる人は、すでに毛根が死滅しており、効果を得る事ができないような人となっています。
植毛は、抜け毛予防とは違い、クリニックで行う事になりますから、非常に高額な費用が必要になりますし、定期的にお手入れをしなければいけません。保険が適用となりませんから、100万円以上の費用が掛かってしまう人も少なくありません。
植毛を選ぶしか、方法がない人もいますから、植毛がいけない事であるわけではないのですが、植毛をするしか方法がなくなってしまうほど、頭皮を放置してしまった結果であるわけですから、植毛が必要となる前に、現在薄毛に悩んでいる人は、しっかりと抜け毛予防を取り入れ、自分の髪の毛を復活させる努力が必要となります。抜け毛予防を取り入れても効果がなかったという人も中にはいるのですが、効果がなかったのではなく、その方法が自分には合っていなかっただけとなりますから、自分に合った抜け毛予防策を探し、継続したお手入れを行う事で、植毛に頼らなくても、自分の髪の毛を元気にすることが可能となるのです。
髪ナビ