ひと口に離婚と言っても、そこに至る原因はさまざまです。性格の不一致が原因なら、夫婦お互いに問題があるわけで、子どもの養育費や慰謝料、離婚後の生活についても双方が比較的冷静に話し合えるものですが、たとえば夫の不倫が原因で離婚になった場合は、妻は感情的になっているので離婚に際して冷静な準備ができないことが多々あります。

夫の不倫や浮気が原因で離婚へと追い込まれた場合、慰謝料や子どもの養育費、財産分与などなど被害者と言える妻側には要求できることが諸々あります。しかし、夫に裏切られたという怒りや悲しみに苦しむあまり、自分ではどうすればいいのか分からなくなっていることがあります。

こうした場合に、頼りになれるのが信頼できる弁護士です。弁護士は法律のプロフェッショナルであり、依頼人の利益のために力を尽くして動いてくれます。

慰謝料、養育費、財産分与…。離婚後の母子が少しでも安定して暮らしを続けて行くために、弁護士は法的な側面から支援をしてくれます。離婚が決定的なものなったら、知人や友人などからいち早く信頼できる弁護士を紹介してもらい、離婚後の生活について相談すると良いでしょう。

なお、弁護士を紹介してくれる人がいない場合には、法テラスや各都道府県の弁護士会へ相談すると良いでしょう。

養育費を払わない元夫から養育費を回収する方法